TOKYO COFFEE FESTIVALへ行きました【19‘春】

"味覚"

前回

TOKYO COFFEE FESTIVALへ行きました
2018年4月開催分のTOKYO COFFEE FESTIVALへ行きました。

コーヒー好きの、コーヒー好きによる、コーヒー好きのためのイベント、再び(再びどころか毎シーズンやってますけども)

ということであぱです。前回行ってから少しスパンが空きましたが、タイミングよくいくことができました“TOKYO COFFEE FESTIVAL “。4/13,14でやっているので、今この記事を公開してすぐ予定を詰めれば明日行けます。頑張ってください。

行ってきたのでまとめます!

スポンサーリンク

国際連合大学(UNU)にて

表参道にある国際連合大学、通称UNU(United Nations University)にて春秋開催しております。

コーヒーフェスそのものは大学構内で、校門前のテントでは“Farmer’s market”と呼ばれる、農作物中心のフリーマーケットが行われています。こちらもこちらですごい人。

こんな感じで、農作物ばかりではなく蚕の市的な陶器の販売も行っております。かわいらしい。

と、いうことでやってまいりました。2019年春、TOKYO COFFEE FESTIVALです。

スポンサーリンク

タンブラーセットを購入

今回購入したのは上記のタンブラーと飲み比べ(4杯分)ができるチップのセット。前回は2日目の終わり際に伺ったもんで、オリジナルミニカップの配布が終わっており、ワイングラスで嗜むというそれはそれで乙な体験をしました。その反省を生かし、HPからできる予約を行っておき、当日引きかえるという形をとりました。なお次回以降、今回のタンブラーを使い回しできるようです。いくとしても普通に買いそうですけどね。

4杯分なので、どこにいくか今回も迷いどころ。今回トピックスとして”メルボルンのカフェ“も出店しているとのこと。そこ中心に攻めてみます。

1杯目:ST.ALi

ということでメルボルンにあるST.ALiへ。オーストラリアへカフェ修行に行っていた友達に尋ねたところ、いいよ〜!と言っていた口コミもあり、1杯目に。注文したのはブレンド。

店内画像にて

ブレンドですが、浅煎りテイスト。一杯目だからというのも後押しして、酸味が程よくありすっきりした味わいでした。また、フルーツ系統の後味もふわっと出てきて二度言いますが、一杯目としてシャキっとできるコーヒーでした。

あと、マグカップかわいいなぁと思っていたら最近買ったBRUTUSの表紙のやつでした。既視感がすごかったのはそういうことか。

2杯目:MAKER coffee

豆だけの写真になってしまった。ロゴがぷわっとしてて可愛いなぁと思いならんでみました。注文したのは右側、Burundiです。

47 North St,Richmond Victoria 3121

こちらは浅〜中煎りくらい、バランスが取れていて王道!っていう口当たです。ただ、酸味寄りではあるので一息ついてふう、とつきながら飲む、なんてのがイメージとしては近かったですね。

3杯目:Patricia

愛ある字ですね。3杯目はパトリシアコーヒーブリュワーズ。絵もかわいい。

なんか、店員のお姉さんがノリノリでピースとかしてたんですけど、間に合わなかったので普通に盗撮みたいになりました。すごい朗らかなお二方でした。

こちらはコーヒー豆が入っている缶。豆缶というやつですね。今日はどこかで買おうと思っていたので、こちらでお一ついただきました。こちらの豆はのちのち『今月のコーヒー』にてまとめます。

さて、コーヒー本体の感想ですが、めずらしくここはアイスとホットを選べるようになっています。暖かかったのもあって、アイスをいただきました。

Patricia coffee brewers

豆はケニアのシングルオリジン。アイスということもあり、さっぱりした印象にどうしても口は感じてしまいます。ただ、口に含ませたときにはあまり感じない酸味が、喉を通るとさらっと出てくるという、フルーツ系統を感じる味でした。晴れててよかった。

豆缶撮ったら後光さしました。

4杯目:珈琲焙煎所旅の音

こういったフェス系では、自分の琴線に触れる何かと出会えることが多々あります。いわゆるジャケ買いに近しいものですね。今回僕が出会ったのがこちらでした。名前がすごくいい。FFCC(ファイナルファンタジークリスタルクロニクル)みたいな雰囲気。

こちらは京都のお店さんらしいので、次里帰りしたら是非行ってみたいなとおもいます。最近『マメバコ』という姉妹店コーヒースタンドもできたそうです。世界観が好き。

ということで、今日は上記画像”トロピカルマウンテン“を頂きます。パイナップルのような華やかな、ということもしっかりわかる味わいです。人に若干ぶつかって、思っていたよりも多くの量がドバッと流れ込んできたんですが、普通に飲めたのがびっくりしました。不幸中の幸い…?実店舗にも行ってみよう〜。

スポンサーリンク

その他気になった店舗

IFNi coffee store

コーヒーもさることながら、僕が気になったのが“コーヒー染め”という手法を用いた2枚目のグッズたち。絶妙な色味をしていませんかこれ。手持ちのお金がなかった(キャッシュレス)ので見送りましたが、しばらくほしい物リストに入れときます…。

伊良コーラ

ひときわ行列が目立っていたのが、ワゴンカーで出店していたこちら。“クラフトコーラ専門店“という一風変わったお店ですが、コーラの調合などを行い提供しておりました。列が長かったので諦めましたが、コーヒー苦手な人でも楽しめますねこれ。

珈琲や

こちらのお店では豆を自分で選び、ひたすらドリップしてくれるという究極のセレクトショップ。こちらもこちらで列が長く諦めましたが、どういうコーヒーがいいかわからない…という人は試してみるのもアリかもです。

スポンサーリンク

その他イベント

屋内ではラウンジコーナーが展開。今回は奥部分でセミナーも行っており、座ったお客さんが熱心に話を聞いていました。普通に聞きたかったけど席無かったので退散…。

屋内にもお店が出店してます。なんかここの店員さんはスーツ姿にいろいろな髪型でバンドかな?って思いました(偏見)。

また、コーヒーが苦手な人にはここでチャイや抹茶などもテイクアウトできます。コインでも可!ありがたいですね。意外と僕の周りにはブラックコーヒーが苦手、という友達が多く、このコーナーあるよ!と言ってあげればよかったですね…。(ぼっち参戦)

また、食べ物としてはカレーライスなんかも販売中。カレーライス、コーヒーと意外と相性いいというのもありますが、差し引いても普通に美味しそう。900円とかでした。

あとはDJブースなんかもあったり、音楽隊がジャズを生演奏したりと、フェスさながらの盛り上がりでした。僕もイヤホンを外し、空気感自体を楽しみながらコーヒーをすする、至福の時間でした。

スポンサーリンク

まとめ

僕個人としては2回目でしたけど、総じて満足度が高いイベントですね。今回はメルボルンのカフェばっかり行ってしまいましたが、次回行くときは日本のカフェを中心に回って、行きつけのカフェを増やせたらなと思います。とりあえず旅の音いかなきゃ…!

指定されたページは見つかりませんでした。|ウォーカープラス

4月27日から5月6日は神戸でもコーヒーフェスティバルが開催されるみたいですね。タイミング合わせていこうかな。

タイトルとURLをコピーしました