自分にとってはGoogle Homeじゃなかったのかもしれない

"触覚"

【4/19追記】この長ったらしい悩みもすべて杞憂になりましたおめでとう!

GoogleとAmazonが和解。YouTubeをFire TVに、PrimeビデオをAndroid TVに提供
AmazonとGoogleがテレビデバイスにおける対立に終止符を打ち、Fire TV向けのYouTubeアプリの提供や、PrimeビデオアプリのChromecast、Androd TV対応で協力していく。

ここ1年、自分の暮らしは大きく変わりました。2年前に一人暮らしを初め、料理や洗濯等、家事全般を一人でこなす、正確に言えばこなせるようになってきました。

そんな中、色々自分の買いたいものを買ったりすることが増え、突如として我が家に導入されたのがGoogle Home。

現在僕の家には上記の画像と同じ構成、大きいタイプのGoogle Homeと、小ぶりなタイプのGoogle Home miniの二つがあります。基本的な性能としてはそこまで変わらず、使っていて感じる差といえば音質面に感じる程度の差です。

設定もほぼスマホのアプリ上で設定も完結、あとの操作は声で行うというまさに新時代を感じるガジェット。”ただ単純にガジェットが好き“という僕ですが、Google Homeに関してはシンプルに利便性に惹かれて購入しました。(もっとも、12月のボーナス商戦で半額だったのが決め手でしたけども)

…ただ、買って1年ちょっと経った今、もしかしたらGoogle Homeじゃないのでは…?と思い始めたので、その杞憂をまとめてみます。

スポンサーリンク

Google Homeの現在の使い方

今僕が使っているGoogle Homeは下記のように使っています。

  • アラーム設定・タイマー設定
  • nature remoと連携してテレビとエアコンの操作
  • Philips hueと連携して部屋の電気の操作
  • 着替えながら天気を聞いたりする
  • 「◯◯をショッピングリストに追加」と言うと買い物のメモができる
  • GooglePlayMusicをキャストしてスピーカーとして利用する
  • こんな感じでしょうか。特に太字の3点は重用している使い方ですね。AIスピーカーというものの特性上、単体で使うというよりはなにかと絡ませて使うことで真価を発揮します。
  • …そして、上に加えてやりたいことが。

テレビでストリーミングサービスを見たい

はい、”たったそれだけのために“悩んでいます。同じような悩みを抱えないためにも、解決方法について順を追って考えていきます。

スポンサーリンク

テレビでストリーミングサービスを見たい

煩雑にストリーミングサービスを見たい、なんて言いましたけど僕にとっては要は“PrimeVideo”を見たいということなんですよね。

このご時世、『一人一台スマートフォン』というのは割と浸透してきましたが、若い世代を中心に…なんていうと怒られそうですが、僕の周りでは“一人一ストリーミング”が浸透してきているような気がします。そんな中僕が入っているのはAmazon prime、すなわちprime videoが対象サービスになります。

で、今まではPS4でprime videoを起動してテレビに写していたんですけど、ここ数ヶ月行なっている断捨離によってPS4がさよならする運びとなりまして。。急遽、テレビにprime videoを写す方法を考えていた時に、今回のブログのようなことになったわけです。

で、現状Google Homeをテレビに写す方法は上画像のchromecastという製品を用いなければなりません。こちらをテレビにつなげば、Google Homeにやれることが広がる魅力的なアイテムなんですが、ストリーミングサービスの対象はというと…

いや引くほど出てくる(これ以降もしばらく続く)んですが、この中にいくら探してもprime videoのアイコンは出てきません。そりゃそうでしょう、だって競合会社なんですもん…。

じゃあそうなると、逆にprime videoをテレビに写せるデバイス…すなわちFire TVなどを買えば良いのでは?となるんですが

勘のいい人ならわかるでしょう、こちらはGoogle Homeと直接連携していないのです。(正確にいうと連携“させることはできる”のですが、まぁ面倒+求めているのと違う)

スポンサーリンク

薄々感じていたけど、OK Googleってどう?

もうこればっかりは言っちゃいけないと思うんですけど、「OK,Google 電気つけて」の「OK Google」ってすごい引っかかるんですよね

そもそも日本人は英語圏の人間じゃないのでOKと言わない生活をしており、「ねえGoogle」と話しかけても反応するようになっています。

…でもそれ冷静になって考えてみてください、Googleだからいいものの「ねえ、企業名」っていうシーンあります?「ねえ、任天堂」って。

隣の芝はアオミドロみたいな諺ありますけど、「アレクサ」って人名だからこそ自然に話しかけやすいっていうそれだけでも優位性があるように感じるんですよね〜。

スポンサーリンク

結論として。

まぁ現実問題買い替えまで至らないのが事実、ということですね。

prime videoは素晴らしいサービスなもんで、ずっと垂れ流しておいてもいいほどなんですが、いかんせん僕の脳みそがシングルタスク機能なもので、動画を流しちゃうとそれしか見れず他の作業やしたいことが全くできなくなるという問題点を抱えてしまっています。

つまり、アニメやら映画やら、何かみたいなと思えるような時はiPadレベルでの視聴で十分、という結論に…。

ただAmazonデバイスの強い点というのが、時折行われるタイムセールで価格が急に破壊されること。今日4月1日まで行われていたタイムセールでも、Amazon echo本体が33%引き(???)という価格になっていましたし、僕の財布と状況が噛み合えば普通に乗り換えもあり得る、ということは挙げられます。Fire TV stickも軽率に安売りされがちですしね…。

今のところ早急に買い替えなければ!!というほど問題は起きてないですが、 echo spot(画面付きのモデル)も使ってみたいし、相変わらずAmazonは色々と購買意欲をつつくのが上手いなぁと思う次第でした。

4/19追記:2社が和解し、どちらのデバイスでも見れることになりました。

GoogleとAmazonが和解。YouTubeをFire TVに、PrimeビデオをAndroid TVに提供
AmazonとGoogleがテレビデバイスにおける対立に終止符を打ち、Fire TV向けのYouTubeアプリの提供や、PrimeビデオアプリのChromecast、Androd TV対応で協力していく。

4月19日、AV watchによるとamazon、Google2社は対立に終止符を打ち、相互でサービスを提供し合うことになりました。

これによりAmazon Fire TVなどでyoutubeが見れるようになり、またPrimeビデオアプリにChromecast機能を追加。Fire TVでもYouTube追加とのことで、純粋な強化ですね。こういうとこがニクいですよねぇ…。

なにはともあれ、僕に必要なものがChromecastのみになったのは非常に大きいです。とはいえ、TVを排除したい気持ちも出てきているのですが、それはまた別のお話。

タイトルとURLをコピーしました