ドリッパースタンドを買ったけどしくじった話

つい先日仕事を終え帰宅すると。

Instagramのストーリーですが

と、いう。趣味のおうちコーヒーで使っているサーバーが割れておりました。原因としては、キッチン壁面に吸盤で取り付けているフックがポロッと落ち、その衝撃で、です。お世話になりました…。

うーん、このままだとおうちコーヒーを楽しめない…。そう考えた僕は、ちょっと気になっているアイテムを早急に購入しました。それが

ドリッパースタンドです!

ブラックステンレススチール製ドリッパースタンドを買いました。

上記の画像の通り、ブラックステンレススチールというちょっとロマンを感じる素材のドリッパースタンドを購入しました。ぶっちゃけ何故買ったのかというと

  • よくこれで淹れている人をネットで見かけるから
  • かっこいいから
  • サーバーに抽出すると洗うのが増えてちょっと面倒だから
  • かっこいいから

という理由です。実際問題もっと考えて買うべきだったなということに後々気付きます。

使ってみました。

と、いうことで早速おうちコーヒーの時間だ!わくわく

この時点でまだデメリットに気づいていない僕

さて、皆様。コーヒーは一般的に温度・湯量・豆と湯の比率などいろいろな数字を比較して繰り返していくもの、なんですね。実際には抽出時間や挽目の粗さなど、更にいろいろなものが掛け合わさってできる奥深い飲み物なんです。

で、それぞれやり方があるんですが、今回はこの中でいうと湯量ですね。「お湯を注いだ全体量を測る」やり方と、「ドリッパーから落ちた湯量を測る」やり方の2パターンがあります。

僕は前者、お湯を注いだ瞬間から計測を始め、30ml(蒸らし)→90→150…と段階を踏んでいっています。これはKOFFEE MAMEYAの方に教えてもらった秘伝(?)のレシピ。

ドリッパーをおいて…
カップをセットして…
これ…

そう!!このタイプは先程挙げた2つでいうと圧倒的後者のタイプ!!!全然湯量がわかんねぇ!!

でもこの絵面は見てておしゃれ

ただ、やはりブルーボトルコーヒーやおしゃれなカフェなどで用いられているドリッパースタンド。抽出しているときのそこはかとないおしゃれ感はたまりません…が。サーバーに直接ドリッパーをやる形より、めちゃめちゃ飛び散りますので注意を。。

もっと考えて買うべきだった…買うべき…だった?

はい、というわけでものすごいネガティブキャンペーンをしてしまいましたが、実際にちゃんと使いこなす人もいるわけです。ただ僕の使い方にはあまりにもマッチしていなかったのが悲しい…。

ちゃんと自分にあったスタイルの用具を買いましょうね!僕もそこそこ勉強してきたつもりだったのにこの凡ミスは地味に痛い。。。

今から買い物に出るので、普通にサーバー見てきます…しょんぼり。