【Thinking about.#27】ほの灯り

【Thinking about.#27】ほの灯り

2020-12-15
ThinkingAbout.

こんばんは。もういよいよ年の瀬ですねぇ。

去年の冬と行ったらそこまで寒くなかったような印象が強く、12月に入っても紅葉を撮ったりしていました。

個人的な所感としては今年は打って変わって寒くなるのが早かったですがその後若干あったかさが残っていた…そんな冬の印象があります。

さて、今の今の話ですがGoogle関連サービスが全滅しています。

すごいですよね。YoutubeもGMailも、GoogleHome関連も。Googleのサーバーがダウンすれば大多数のユーザーが困り果てるなんて。おっかなびっくりです。かく言う僕も前々から公言している通りGoogle信者。今ものすっごい困り果てています。ので、一周回ってしっかりブログを書こうと思います。なんせ明日が更新日ですので。

ということで、前置きが普段より長くなってしまいましたが、12月・今年最後のTa.はじめておきましょう。

今月の記事に関して

GAME&WATCH SUPER MARIO BROS.verを買いました

マリオが35歳なので記念の『GAME&WATCH SUPER MARIO BROS.ver』を買いました
マリオのおじさん、お誕生日おめでとう!! https://www.nintendo.co.jp/character/mario/ ということで、配管工(兼医者兼…
www.apathy.jp

マリオというキャラクターが生まれ落ちてから今年で35周年。山手線でのスタンプラリーなど様々な企画が実施され大いに賑わっていましたが、その一環として販売されたGAME&WATCHの記念モデルを購入しました。

僕よりもっと年上の世代のハードであるGAME&WATCHがこの2020年に新しく販売している…という事実だけでも感動モノですよね。よく言いますが、スマブラのおかげでゲームキューブコントローラーが今年も生産されている事実が素晴らしいと思う派閥です。

Anker Soundcore3がお値段以上によかった

お風呂でもいい音。安定の防水スピーカー『Anker Soundcore』が3にバージョンアップしたので買った
スピーカーという選択肢をないがしろにしていました。 こんばんは、あぱです。12月といえばボーナスなので、ちょっと生活を豊かにしてぇな~と思い買い物しました。と、…
www.apathy.jp

最近買ったスピーカーのお話。公式価格で約\6,000と安価ながら、しっかりとした音を流してくれる優秀スピーカーです。実は関係ないんですがイヤホンも同時に買っていて、急に音系商品めっちゃ買うやつになってしまいましたが、満足しています。

今月の音楽に関して

ヒトリエのcurved edge。三人体制になってから初めて出た新曲であるとともに、次に発売されるアルバム『REAMP』のリード曲です。

三人体制になって、色々進退やあり方、やりかたについて悩んだんだろうなと邪推していますが、この歌詞にシノダさんの想うモノがギュッと詰まっていた気がします。どうしても悲しさを孕んでしまいますが、それも含めて第2章が始まったんだと僕は認識しています。

何も・誰も悪くないからこそ生まれる感覚の違いに悩みつつではありますが、僕は意志をもって進む人を応援したいです。

今月のQOLについて

さて、今回のQOLは実はまだ来ていないとあるものについて一人ディスカッションしてみたいとおもいます。それがウォーターサーバーなんですよね。

天然水のウォーターサーバーコスモウォーターの公式サイトです。累計出荷台数100万台。多くのユーザーが選んだ宅配水サービス。サーバーレンタル料0円、配送料0円、初…
www.cosmowater.com

今回お家に来るのはこちら。先日冷蔵庫を買い替えにビックカメラに行ったときに営業を受けて導入することになりました。これだけ聞くと情弱感が強いですが、

  • 今現在、一ヶ月半程に1回18Lのお水を注文している
  • お水代しかかからない
  • 毎月注文を断って2ヶ月に1回の配達に絞れる

というところが僕のニーズと合っており、一度導入することに。

横幅もA4サイズしか無い小さなサイズになっている、かつまぁ使わなければ回収可能(\9,000かかりますが、なんか諸々\10,000引きしてくれて実質無料的なあれ)など。冷たいお水を飲むとお腹壊すので、白湯やらで水を飲む習慣をもっとつけたいなど…。

デメリットを上げるならば、お水を置く場所が圧迫する、ウォーターサーバー自体が圧迫するという場所関連

ネット上では買わなくてよかったもの~によく挙げられているウォーターサーバーですが、鵜呑みにせず一度判断してみようかなというところです。何かキリの良いタイミングでレビューとかもしてみたいですね。

今月の考え事について

「日本ユーススポーツの最大の問題点は、無差別級の一発勝負トーナメント」と警鐘を鳴らすのは、アメリカで育成年代のアイスホッケーを長年指導する若林弘紀氏だ。
number.bunshun.jp

最近読んだ記事ではこちらが面白かったです。取って付けたような経歴ではありますが、教育者を目指していた過去もあり、教育新年や理念などはいやでも考えたり。

中でも、教育における正義とやるべきことの塩梅ってかなり難しいと思うんですよね。勉強だけすれば良いわけでもないし、友だちと遊ぶこともそれはそれで大事。好きな人と付き合うことも大事でしょうし。何が欠けても全人にはなれないけど、絶対に何かが欠けるのが大概の青春時代という気もしています。

その中で僕はかなり影響大きいと思っているのがスポーツです。スポーツで、かつチームスポーツ。野球然りサッカー然り。

最初から諦めているわけではないんですが、正直普通の公立高校とかって優勝がかなり厳しいじゃないですか(綺麗事ではなく、なにもないフラットな状態からだとして)。”夢を壊すようなことを言うな”っていう議論ではなく、大事なのは均衡調整ができるかなんじゃないかなと思っています。

例えば”体が大きい子がキーパーをやる”みたいな先入観ってありません?そういうのが本当に腐りきってると思うんですよね。きっと、小学生の頃からそういう配置になってるからだと思うんですが、原初を突き詰めればおそらく「勝ちたい」(≒マウントを取りたい)っていうところまで落ちそうな気がするんですよね。だって勝ち負け決めたほうが楽なんだもん。大人も子供も。それがクソ。

結局それが営業として数字を出すだの、競合よりも安いだの、からの評価がどうの、につながっていると思っています。日本の社会の根幹からそういう教育になっているんだと思うんです。

あ、徒然書きましたけどもちろん勝敗っていうものを無くせーって言うわけじゃないんです。勝ったから君のチーム評価あげよう!っていうのがダメなんですよね。

例えば社会人がよくやってる、目標制度とか学生生活に取り入れてみるとかどうなんでしょう。高校1年生の夏までに、TOEICを○○点にしたい!とか。大事なのは学内テスト○位!っていう他の人と競って決まる部分でなく、ある一定の評価方式に対して、自分がどれだけ努力できるかの指針がちゃんと表れるほうがいいと思うんです。

これからの時代、他の人を見下してっていうことをなくして、それぞれのスペシャリストをより伸ばしていくことに重きをおいたかたちで基盤が成り立ってくれると嬉しいなぁと思ったりしています。

ま、チラ裏なので一つの小噺程度に聞いてくださいませ。

ほの灯り

冬が来ると夕日が沈むのが早くて驚いちゃいますよね。

もうすでに先月の話ですが、16:30にはあたりが暗くなっているとき、地平線のあたりがかすかに明るいくらいの空を見ると冬来るのか~と思ったりします。

冬だからといって楽しいの、ボーナスが入ったことくらい…ボーナスが入ったんですよ!!!!!!最高!!!冬って最高!!!

ということで、色々と散財したものが続々と記事になることを祈りつつ、なんだかんだ更新されないかもしれないので気長に待ってもらえれば幸いです。

Youtubeとか動画で話したりもしてみたいな~と思ってはいるんですが、まぁ要検討程度で…

良い冬を過ごしていきましょうね。