Perfec Teeに学んだフェーズチェンジの時期

2018-10-27

最近更新しといてもういっちょ行く服の記事。ただ、ちょっと今日は訳が違う。

f:id:ikoyarap:20181027182531p:plain

こんばんは。

先日、Tシャツを買ったものですから。ブログに書いておこうと思いまして。

…。Tシャツごときでブログなんか書くなって?そうですね。そう思います…。

ただそんな訳にいかなくて。順を追って書いていきます。

post amenitiesのコンセプト

f:id:ikoyarap:20181027182531p:plain

(画像クリックでリンクします)

post amenities。

『たとえば、しかるべきものが、しかるべきところにあること。』
“都市の次の常備品”をコンセプトに、インダストリアルなシティウェアを展開するプロダクトレーベル。

ちなみに、ご存知だと思いますけども常備品とは…

普段から予備を絶やさず、常に用意しておく物品を意味する表現。生活や職務遂行にあたって継続的に必要なものや、災害や事故などの非常時に必要になるものを指す。

と、いうこと。単語として捉えられてはいますが、細かい文章化をするのが難しいような。とかく、”普段から予備を絶やさない”ようにするもの、ということ。

ただ、予備を絶やさないからといって粗悪なものでは次々潰れ壊れていくもの。しっかりしたものを数個備えておくことで、初めて使えるものだと思います。

───改めて、post amenitiesとはその”都市の次の常備品”をコンセプトとして手がけられたブランド。いつでも使えて、備えたい。そんな商品を生み出しています。

定番アイテムのPerfec Tee

f:id:ikoyarap:20181025225859j:plain

パッケージがこちらです。

f:id:ikoyarap:20181025225657j:plain

開封。そう、昔で言うVHSってこんな感じのケースでしたよね。

あくまでも例えですけど、収納するときもケースごとで収納してもいいかもしれません。さすがにしませんけどね。

f:id:ikoyarap:20181025230015j:plain

素材感としてはヘビーウェイトな天竺生地。『柔らかい着心地とガシガシ着られるタフさ』、が持ち味の素材です。

f:id:ikoyarap:20181025231014j:plain

広げて吊るしてみました。折りジワがすごいですが。

今回購入したのは「トープグレー」という、グレーの中でも落ち着いた色味。実はこれ、鳥居弘文さんというメディア運営者さんとのコラボモデル。

今回購入したのはSサイズ。曰く、一般的にはMサイズにあたるそうです。

f:id:ikoyarap:20181025230058j:plain

タグにもpost amenitiesの文字が。

実は僕が一番感動したのが首元で、ちょっと写真的に近すぎましたが、首元がしっかりキュッと締まっていることが伝わればいいなと思います。実際に最後着た写真を載せますが。

f:id:ikoyarap:20181025231054j:plain

胸ポケットも搭載。ただ、シャツ本体にポケットを縫い付けるための縫い目が見えないようなデザイン。

細かいところへの気遣いが非常に多い、完成された印象が強くあります。

着てみた所感。

f:id:ikoyarap:20181027150455j:plain

着てみた感じです。まぁ言ってもTシャツなので衝撃とかが…と思いきや、なんというんでしょう。久しぶりに「おっ」となるような着心地でした。

というのも、先程述べた通り、首元がきっちり締まっていること、素材の厚みによる安心感…。自分が最近買っていたTシャツが、所詮”安かろう悪かろう”であることを、ひしひしと感じさせられるような衝撃を受けました。

大事かもしれないけど、自分にとってそれくらい刺さったんです。

もちろん、安かろう悪かろう…。と言いきってしまうのは失礼だと思っています。ただ、『ちゃんとした価格のものはちゃんとしている』という至極当然なことを、こういった形でこの年齢で再認識できたこと。これは紛れもない事実でした。

postamenities-inn.com

言う順序が前後しましたが、価格は¥8,640。決して安いものではありません。

実はもうこの色はあとSサイズを残すのみ。噂によると再販しないみたいなので、是非見てみてください。

モノを選ぶこと モノに拘ること

今回あったことはただただ”Tシャツを買った”ということです。

安い買い物ではなかったけど、ただTシャツが一枚増えた。でもそれは僕にとっていつものそれと違うものでした。

あの服たち3,4枚分がこのTシャツ1枚分

これを着ていた時に思ったことです。それだったら、このTシャツ3枚欲しい。そう思ってしまったのです。

最近の僕のスタンスの変化も関係しているのかもしれません。

と、いうのも、最近断捨離を少しずつですが進めておりまして。自分の過ごしやすく、かつスッキリとした部屋にするにはモノが多すぎる。そんなことを気にするようになってきました。

ならば買うモノの選別をしっかりするべき、だと思うようになりました。至極当たり前のことなんですけど、やっと、ちゃんとしていくべきであると気づきました。

消耗品と嗜好品の線をしっかり引きながら、モノに向き合いたいと思いました。

憧れて生きていく。

記事を書くにあたりpost amenitiesについて調べていたところびっくりすることが。

f:id:ikoyarap:20180926211102j:plain

僕がよく今月のコーヒーにて使っているマグカップ・THE LATTE TOKYOというところで買いました。

実はここと運営のもとを辿れば一緒である、INNだということを知りました。

わかりやすく言うと、INNは複合型コンセプトストア。アパレルはpost amenities、コーヒーはTHE LATTE TOKYO…。

前訪れたあの時からつながっていたのかと感じると、恐ろしく感じてきました。

…色々と書いてきましたが、とにかく自分にとってのテーマ、スタンスというものをそろそろ決めないといけないですね。そうした方がかっこいい、と思えたので。

以上、Tシャツを買った僕と衝撃を受けていた僕の話でした。