【Thinking about #17】纏った常識、拾った非常識

2020-02-15

こんばんは。ブログ、すっかり手を付けられていなかった。

割と仕事に精を出していたのもあるんですが、なかなかにブログに気が回らなかったなぁ、失礼しました。Ta.も14日の晩に思い出して急いで書いています。

14日。バレンタインデーでしたね、すっかり接点もないから…(寂)もうちゃっちゃと始めちゃいましょう。

2月のTa.始めます。

今月の記事に関して

毎冬ドライノーズ対策をすること。

ドライノーズが大変なことを今思い出した
皆さんは去年の今日、何していたかを覚えていますか?僕はあまり覚えていないんですが、一つだけこの時期に絶対やっていたことを思い出しました。 絶対に毎日、ドライノー…
www.apathy.jp

確定したわけではいないんですが、毎冬鼻が乾燥でやられています。とはいっても去年の冬からそう思い始めたのですが、対策としてドライノーズスプレーを常備し点鼻しています。

ほら、花粉の時期目がかゆいと目を丸洗いしたくなるアレあるじゃないですか、鼻もびちょびちょにしたくなるんですよね。

iPadにMOFTというキーボードスタンドを付けました

iPad Pro環境・キーボードスタンドMOFTの導入
iPad Proを買って、早いものでもう一年が経とうとしています。 インプット端末・アウトプット端末として本当にフル稼働しているiPad Pro。ただただ単純に…
www.apathy.jp

iPad PRO、すばらしいデバイスなんですが、少し角度が低く肩こりしやすいのでキーボードスタンドのMOFTを付けました。めちゃくちゃ薄いので気にならないのも良いポイント。

2020年冬のコーヒーグッズ一覧

2020'冬 コーヒーグッズたちまとめ
東京にいますが、今年の冬はあったかいな…と思った瞬間に寒くなりましたね。どうしろっていうんでしょうか。あぱです。 さて、寒いのにめっぽう弱い私ですが、冬にもなに…
www.apathy.jp

「おうちコーヒー」を家でやってるので、コーヒーグッズは一通り揃っていますが、そろそろアップデートもしていきたいところ。ひとまず、始めてから3年弱経ってしまっていますが、グッズに関してまとめておきました。

今月の写真に関して

アイキャッチも含めこれは熱海の写真ですね。初めて熱海まで行ったんですが、温泉街・観光地としても結構レトロ感が残っている感じが少し懐かしさを感じた街でした。最近は温泉旅行的なものは行ってないのですが、のんびりするのも悪くないなぁと思えた日でした。

もっとも、僕がずっと前にテレビで見た自然薯屋さん「麦とろ童子」というお店にようやく行けたのが感動しました。自然薯が好き、というわけではなく(なんなら初めて食べました)、ただテレビでみた思い出補正が確実に強いんですが、一度行きたいって思ったところって意外と長く覚えてますよね。それが達成されたっていうだけでも、結構ドーパミン分泌だと思っています。

今月の音楽に関して

ABBAのSummer night city。最近の曲でも、最近のアーティストでも、ましてや夏でもないですがなぜかこの曲。シビれる部分としてはイントロのギャーン!ってところと、サビのベースライン。なんか昔の曲に感じられなくて、今でもAmazon Music経由でよく聞いてます。もっとも、父が好きだったので小さいときから自然とよく聞いていたのもあるんですがね。

今月のQOLに関して

なんか2月前半にamazonでタイムセール始まっていて、かつ部屋の乾燥がすごかったもんですから空気清浄機+加湿機能のあるものを買いました。定価19,000円のものが14,800円とかなり安くなっていたので(評判悪いのかなとかちょっと思いつつ)購入。

2週間ほど使っていますが、かなり重宝していてありがたいですね。加湿機能がなくても空気清浄機として使えるのでオールシーズン世話になるかと思いますが、この時期は加湿機能が本当に助かっています。朝起きてもノドがイガイガしないのが最高…。

今月の考え事に関して

最近twitterでバズっていた哲学に関するものですね。最後の締め部分あたりのアインシュタインの言葉「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」というもの。これにはかなり共感します。

あと、哲学的思考って最近結構気になっていて。この上記の漫画に出てくる先生のように、”なぜ?”という部分を突き詰めていくのが哲学なのだとすれば、今やっているマーケティングという仕事もなぜ?という部分を徹底的に掘っていくことに近く感じています。

今までが非常に、非情なまでに感覚で生きてきた僕にとって、”なんとなく”で終わらせていたことの説明をしないといけないので、正直つらいところが多くあります。ただこのつらいはキツいということではなく、今まで生きてきた中でどうしてこんなにも補えていない部分なんだろう、というもの。

本を読むなり、色々な方法でインプットとアウトプットを繰り返さなければならないのに、僕は何をしているんでしょうね、とたまに立ち返りしょぼくれたりしています。反省を生かしていかないと。

纏った常識、拾った非常識

アイデアは絞りに絞ってやっと出てくる。そんなことも見かけることがありました。どうすればいい?どうすれば解決する?という部分に対して、ほぼ固まった答えばかり出してしまっています。

Aと言われればB、CといわれればD、なんて単純なことがないと決まっているのに、僕はそればかり落ち着かせたくなってしまっている。ほんとよくない。

今まで本当に嫌いだった”活字を読む”ということを最近久しぶりにはじめまして。まずもって自分が好きなところから…と思い、ほぼ日出版の『岩田さん』を読んでいます。

ずっとむかしから任天堂が好きなのですが、岩田聡という人間がいかにすごいのか、ということについては事あるごとに色々なメディアを読んだりしていました。亡くなってからも、どれだけ偉大だったかということを語り継ぐ…もとい、その考えに触れるという意味もあり、ゆっくりではありますが読み進めています。

今のマーケティングと被る部分も多くあり、やはりいろんな本から考え方を吸収していくべきだなぁと思っているところです。

最後の方は話がそれましたが、今は仕事をメキメキ頑張っている(つもり)です。今の原動力は大阪に異動するため、という部分がほぼほぼです。大阪に行くためには自分が”一人前”になること、が条件なので本当にもっとがんばらないといけないです。

…大阪に行くことが目的になってしまうと、その後のエネルギーが何もなくなっちゃうんですが、本当に広義的には、大阪をもっと成長させられる一端になれればな、と思っています。それが最後の最後までやりたいこと。東京にいて、なおさら思います。

常識をもっと纏っていきつつ、時に壊せる非常識を拾っていければな、と思います。